山口県の中小企業、販路開拓、商品開発、新分野進出、相談窓口の開設、支援施策の紹介、ベンチャー、企業・人材情報の提供

株式会社秋川牧園 | IoT等(ビッグデータ、AI)を活用した先進事例

[ホーム]-[IoT等(ビッグデータ、AI)を活用した先進事例]-[株式会社秋川牧園]

イメージ画像:株式会社秋川牧園

株式会社秋川牧園

会社概要

企業名:株式会社秋川牧園
設 立:1979年(昭和54年)5月25日
代表者:代表取締役社長 秋川 正
所在地:山口県山口市仁保下郷317番地
連絡先:083-929-0630
HP :https://www.akikawabokuen.com/

1IoT導入計画概要

イメージ画像:株式会社秋川牧園

当社は鶏肉、卵、牛乳、野菜など様々な品目を、徹底した安心・安全及び美味しさを基本コンセプトとして、生産から加工、そして配送までを一貫して行っている。農業のもつ複雑性に対応し、高い専門性と信頼性をもった食づくりの最適な仕組みを実現し、全国でも有数の「食と農の企業」としての地位を確立している。事業拡大計画は「スイーツ加工施設備えた直売店の改築」「生産性の向上」「海外展開」「直売事業の拡大」を掲げており、5年後には61億円の売上と114百万円の営業利益をめざすものである。これらの戦略はブランド力の強化を柱として推進する計画であり、よい人材の育成、売上至上主義ではなく収益性の重視、現場第一主義、顧客サービスを重視するものである。
具体的には、加工施設・直売店の増改築は、準備を着実に進めており、スイーツ加工の専門家雇用と社員の育成を課題としている。海外展開は、既に香港での販売を先行させている。また、無農薬、非遺伝子組替飼料、自然育成等の特徴を活かした商品開発とブランディングに向けたコンテンツ(写真、文章、IoTを利用した動画配信等)作成及び新鮮な旬の食材を提供する調達先の確保や売れ筋を瞬時に工場に伝え品切れを防ぐシステムの構築・運営の検討と実践を行う。さらに、県下の生産子会社、提携する農家との連携を画像センサー等によるIoTを活用したサービスの提供も視野に入れることができる。
今後、雇用の確保、人材の育成とIoTを活用した生産から販売・サービス(海外を含む)の確立に対する提案・助言や広報活動を展開していく。

2企業インタビュー

3現在の取組状況

  • 平成29年3月 生産性向上とブランド力強化による販売拡大 ※経営革新計画を県に提出【平成29年4月承認】
  • 平成29年10月 社内検討会を実施 ※財団による検討会開催支援制度を活用
  • 平成30年1月  試作システムを開発 ※財団による成長助成支援制度を活用

《やまぐち産業振興財団の支援計画》

やまぐち産業振興財団としては、当社の取組である,気蕕覆訐源裟の向上による安心安全な健康商品の安定供給、直販店の改築による情報発信拠点の整備とアジアをターゲットにした海外展開の強化、インターネット注文サイトのAI化によるマーケティングオートメーションの導入は、これまで培ってきた経営基盤を効果的に活かしつつ、新たなブランド力強化に向け上述の市場動向を的確に捉えた取組として非常に実現性の高いマーケット戦略であると考えられるため支援する。
特に、ブランド構築に向けた情報発信については、安心安全な商品の生産過程を実際に直接見せるといった他社にまねのできない方式でバイヤーに積極的に売り込みをかけるとともに、直販店においてはスイーツ工房を併設しSNSや口コミを通した情報発信と来店促進の好循環を生み出し直接消費者に働きかけるなど戦略的なBtoB、BtoCへの販路拡大の取組により計画どおりの購買層の拡大、売上増大を目指す。


   

公益財団法人やまぐち産業振興財団 〒753-0077 山口県山口市熊野町1-10 NPYビル10階
TEL:083-922-3700 FAX:083-921-2013

Copyright(c) 財団法人やまぐち産業振興財団 All Rights Reserved.