山口県の中小企業、販路開拓、商品開発、新分野進出、相談窓口の開設、支援施策の紹介、ベンチャー、企業・人材情報の提供

原田株式会社 | 平成30年度チャレやま先進事例

[ホーム]-[チャレやま先進事例]-[原田株式会社]

イメージ画像:原田株式会社

原田株式会社

会社概要

企業名:原田株式会社
設 立:昭和47年4月
代表者:代表取締役 原田 栄造
所在地:山口県防府市新田593
連絡先:TEL:0835-38-0697
HP :https://www.harada-co.com/

1成長支援計画概要

イメージ画像:原田株式会社

「注発注業務及び在庫の見える化システム導入による新商圏開発事業」

当社は顧客企業独自ユニフォームデザインを核とした企業ブランド化ビジネス支援事業を展開している。

この事業拡大計画のコンセプトは、「独自ブランド提案型コンサルカンパニー」という販売戦略の展開すなわち企業独自のユニフォームデザインを核とした企業ブランド化ビジネス支援事業の展開である。このようなビジネスモデルは国内初である。

具体的な取組は、「 顧客データを利用した提案型営業活動に基づいた付加価値の高い営業展開」「 企画デザイン力とプレゼン能力ある人材の育成と雇用」「 受発注業務及び在庫の見える化システムの導入による新商圏開発の効率化」「効率的な管理が可能な物流倉庫の整備」「全国展開へ向けた首都圏での営業展開」である。

このように、インフラ整備は、取扱商品種類が膨大かつ手書き伝票作成の手間と入出庫時間が課題であったが、平成30年4月に完成した新物流倉庫と新たに導入するシステムは連動しており、スピーディな入出庫と在庫管理ができ、大幅な生産性向上と事業拡大の基盤となるものである。

2企業インタビュー

3現在の取組状況

完成した新物流倉庫と新たに導入するシステムの連動がスタートしており、今後スピーディな入出庫と在庫管理ができ、大幅な生産性向上と事業拡大に向け、着実に事業を進めている。

《やまぐち産業振興財団の支援計画》

当社は「独自ブランド提案型コンサルカンパニー」という同業他社との差別化を図る販売戦略を展開する。

県内中心に販売を行っている現行の「地域型」を強化しながら、首都圏等への販売展開を目指す「広域型(首都圏型)」への展開を計画的に支援していく。

首都圏での「営業力・販売力の強化」や「首都圏の新規顧客・販路の開拓」等の「営業・販路開拓」が重要な販促ポイントであるため、1〜2年目は、首都圏の拠点となる東京支店の新設・立上げに伴う「新規顧客へのアプローチ方法」、「ターゲット市場の選定」、「商品・サービスのPR」を柱として専門家等による販促支援を行っていく。

具体的には、首都圏販路CDを使ったメディアへの広報活動、ファッション業界の人材ネットワークを使ったファッションに係る人材と営業マンの紹介、ファッション関連展示会出展、大規模商談会参加、就職関連フェアへの出展助成等、新たな付加価値を持った仕事服としての販売戦略を進めていく。

なお、3年後以降は一般顧客市場の開拓に向けたBtoC向け商品販売システム開発等について、今後の市場動向を踏まえながら専門家による助言、助成金等の活用により、重点支援企業として総合的に支援していきたいと考えている。



   

公益財団法人やまぐち産業振興財団 〒753-0077 山口県山口市熊野町1-10 NPYビル10階
TEL:083-922-3700 FAX:083-921-2013

Copyright(c) 財団法人やまぐち産業振興財団 All Rights Reserved.