センター事業の目的


  『認定支援機関による経営改善計画策定支援事業(センター事業)』は、平成25年3月に期限が到来した「中小企業金融円滑化法」に対して講じら
  れた総合的な施策の中で、以下の背景と目的で発足しました。

  借入金の返済負担等、財務上の問題を抱えている中小企業・小規模事業者の多くは、自ら経営改善計画等を策定することが難しい状況にあります。
  こうした事業者を対象として、認定支援機関である外部専門家が事業者などの依頼を受けて経営改善計画策定支援を行うことにより、中小企業や
  個人事業主を含む小規模事業者の経営改善を促進することを目的としています。









 根拠となる法律


  平成24年6月に制定された「中小企業経営力強化支援法」で「経営革新等支援機関(認定支援機関)」の登録を促進し、中小企業が抱える経営
  課題の解決を支援する外部専門家の多様化・活性化を図りました。
  センター事業の運営は、平成11年に制定された「産活法:産業活力の再生及び産業活動の革新に関する特別措置法」に基づき商工会議所ま
  たは県の外郭団体が担っています。
  平成26年1月20日に施行された「産業競争力強化法」が上記「産活法」から切り替わり、今後は当法案を根拠に運営されます。但し、当法案は5
  年間の時限立法のため短時間での成果が求められます。









トップページセンター事業について 事業者 (申請者)  外部専門家 (認定支援機関)  金融機関 (認定支援機関) 書式・記入例 その他センター事業の目的センター事業のながれ対象となる事業者費用の目安金融支援の内容事業の位置付け
  中小企業の皆さまの経営改善を促進します。                            『経営改善計画策定支援事業』          
〒753-0077
 山口市熊野町1-10 NPYビル8F

  
 083-921-8039
山口県経営改善支援センター

山口県経営改善支援センターは、山口県下の中小企業経営者・個人事業主が自ら経営改善に取り組む際に、必要な費用を支援する公的機関です。